唐 木 屋


工房キハラ




多少ブラックなバナーでしたが
正常に戻ったみたいです

ご利用ください


<唐木指物職人の遊び>
<唐木オリジナル小物>




2017/10/22
 更新





2011年3月11日に発生した東日本大震災。
2016年4月14日に発生した熊本地震。
により被災されたご家族の方々には
謹んでお見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々のご冥福を
心よりお祈り申し上げます。
被災地の一日も早い復興を祈っております。




最近の問題


平成29年5月末に、弊社が誤って契約締結に至った電子ブレーカーリース契約を解除するまでの過程を
弊社取締役に代わり記録し、図示すると共に開示いたします。同様の案件に苦しまれている、または苦しむであろう
皆様方へ知っていただきたく思いましたので、弊社取締役の許可を得て掲載いたします。
下記リンクよりどうぞ。


電子ブレーカーリース契約について



近ゝの動き






※今回は公主催の展示会です。
ほぼ全国の産地組合が各々のパフォーマンスを精一杯披露します。

一つの特徴は会場の殆どが職人若しくはその関係者です。

過去から育まれて来た日本の伝統工芸・文化がどのような状況に置かれているか
今、ご自身の目で膚で触れてみてください。

まだまだ日本は健全だと捉えるか。
商品の端々に見え隠れする伝統工芸・文化の綻びを感じて頂けるか?

足元を見つめ直す切っ掛けにして頂けたらと思っています。





「スマホ拡声器」

日本では「エコスピーカー」英語圏では「passive speaker」が適当な呼び名かと思います。

私が取っ掛かった時は、存在自体を知らなかったもんですから、
単純に「スマートフォンの拡声器」、縮めて「スマホ拡声器」、
筐体の構造上から「スマホ・ホーン」と
分かり易く呼んで人に説明してきました。

此処に至るまでは「賽の河原の石積」のような、
作っては気に入らず、作っては気に入らずでした。

理想があって具体化したのですから、それで完成のはずが、
2〜3日見ていると欠点
(自分にはそう見える)が見えて来るのです。

木柄・縦横の比・音道の構造・材質等、であったり。
そしてもっと早く、簡易に、丈夫に出来ないかと…。
歯止めがきかなくなり、何度も途中で飽きました(^_^;)
しかし、物作りのしがない性ですね、少し経つとまた触るのです。

何時でも時間があると、参考になる物が無いかとネットでアップされている個々の
”スマートフォン用のスピーカー”を鵜の目鷹の目で探しました。

ネットに疎い私が検索を掛けても、調べられる範囲は知れています。
形・発想・作者等色々調べて勉強させて頂く内に、見えて来る物がありました。

作者の置かれている環境・歴史・アイデンティティーが入っている事を。

それらを(勝手な推測です)鑑みて、失敗を重ねてくると、
自分の外してはならない方向が見えてきました。

今回、販売に至った「スマートフォン用エコスピーカー A・B」には
「唐木屋 木原由貴良」が反映されています。



下記店舗にて展示販売


手に取って、ホーン構造・木質に因る、
癒しの音・拡声の効果をご確認下さい。



東京  「青山スクエア」  http://kougeihin.jp/aoyama/
            TEL 03-5785-1301 (要 電話確認)

福岡・天神 「MARUZEN福岡店(文具)
TEL
 092-738-3322(要 電話確認)


京都  「セレクトショップ京」 http://www.selectshopkyo.com/index.html
              TEL 075?541?3206 (要 電話確認)


京都  「古都品」(コトシナ) http://www.kotoshina-kyoto.com/select/index.html
                TEL 075-223-0503 (要 電話確認)


通販

通販 「和遊苑」 http://wayouen.jp/
(何分手作りですので受注生産です)



         






遊び

「紫檀・和鋏み型・ペーパーナイフ」
別名
「罪作りのペーパーナイフ」


詳しくは

https://www.facebook.com/karakiyakouboukihara/notes 











取扱店


伝統工芸 「青山スクエア」
(旧伝統的工芸品センター)


一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会では
経済産業大臣指定の伝統的工芸品222産地及び指定外産地の学術資料があり。
常設展・出店産地の伝統的工芸品を多数展示販売しています。

毎月、”匠のコーナー”、”特別展コーナー”では一週間替わり・二週間替わりで、
各産地の職人、伝統工芸士が
実演・販売に産地から会場に出張ります。

特別の”体験コーナー”ではチャレンジ希望者が、職人の指導のもと
作品作りを楽しんでいます。

※事前に電話確認の事


当工房のオリジナル商品も多数展示販売しています。

「青山スクエア」 http://kougeihin.jp/top



「青山スクエア」ではオンラインショップ(ネット通販)での販売も行っています。

当工房の「菓子切り」「菓子切り用ケース」「携帯用・手鏡」「楊枝入れ」「ペーパーナイフ」等の商品も販売
オンラインショッピングは下記アドレスから

http://kougeihin.jp/onlineshop/daily/other_daily/
開いたら右横の目次 ⇒ ○ 日用品・趣味 ⇒ その他(日用品。趣味)
と目次を追ってクリック。
〒107-0052東京都港区赤坂8-1-22赤坂王子ビル1F
電話03-5785-1301、FAX 03-5785-13

毎日営業 午前11:00〜午後19:00
年末・年始の数日間だけお休み









ジュンク堂 福岡店
MARUZEN福岡店(文具)B1F
文具関係(新作も増やします)を中心に
工房キハラの定番中の定番も
扱っています。

〒810−0001
福岡県福岡市中央区天神1−10−13
メディアモール天神B1〜4F
営業時間 10:00〜21:00

※12月31日のみ10:00〜19:00 
TEL 092-738-3322






貝塚ぶらんどショップ
商品多数常設
南海貝塚駅東口駅前にある「ぷらっと貝塚」内です。

貝塚市の観光情報をお届けする観光案内所に加え、
貝塚の物産品を展示販売する「貝塚ぶらんどショップ」市内の名所旧跡をご案内する「ボランティアガイド協会」の
3つの機能を備え、皆様をお待ちしています。

全国シェア1位の和泉櫛をはじめ、紫檀・黒檀などの美材を使った唐木指物など、貝塚の伝統工芸品を展示・販売。
たこの形をした銘菓「たこ坊主最中」や竹利の泉州こだわりタオルなど、お土産にもぴったりです。


http://www.kaizuka-cci.or.jp/annaisyohp/index.html

〒597-0083 貝塚市海塚130番  
TEL・FAX/ 072-432-1244






和みの店
海老舎(エビヤ)

商品多数常設
(黒檀お箸・楊枝入れ・手鏡・花見箸・ペーパーナイフ・菓子切他)

http://fish.miracle.ne.jp/tikufu/ebiya/index.htm

島根県鹿足郡津和野町本町2丁目
TEL 0856-72-4017 FAX 72-4017






工房キハラのFB・ページ
http://www.facebook.com/karakiyakouboukihara






<総合案内>
クリック


出展予定表

     
先端が真っ直ぐ細いので
小骨もウドンも挟み易い
黒檀材使用のお箸
(其の一)

パーテイグッズの取り箸(其の二) 一円玉との比較
(其の三)
フィギュア−は6.5cm
(其の四)
  携帯用クスリ入れ
   (其の九)
丸い台は一円玉
(其の五)
そつの無いデザイン(其の六) シャレテ桜の形に・・・(其の七) よく使う名刺・
カード入れ(其の八)
 紫檀の爪楊枝入れ
 









最近力を入れてる
紫檀の菓子切と布ケース




引き出しは二段で、お盆としても取り出せて
菓子切、菓子切ケースが物色しやすいです。






菓子切とケースの一部
*菓子切ケースの生地はその時々の端切れを使用していますので
殆ど同じ柄の在庫は御座いません。
よって、掲載写真と同じ柄を御指定頂いても御用意出来ません。











<漆硯>

旅先で是一つあれば、(其の一)







<ボールペン>

 









私の道楽
無指向性スピーカーについて


スピーカーの組み立て方








主にお箸を置いていただいているお店


銀座夏野 本店

今年、夏野オリジナルの「黒檀・楕円箸」を新しく開発
一度試用してみて下さい

黒檀お箸・紫檀携帯用お箸常備
〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-4 1F
夏 野 TEL :03-3569-0952 FAX:03-3569-0951
小 夏 TEL: 03-3574-5566
月〜土 10:00〜20:00
日、祝 10:00〜19:00

http://www.e-ohashi.com/natsuno/index.html



銀座夏野 新丸ビル店
 
黒檀お箸・紫檀携帯用お箸常備
〒100-6504 千代田区丸の内1-5-1
新丸の内ビルディング4階

TEL& FAX :03-3211-1184
月〜土 11:00〜21:00
日、祝 11:00〜20:00



銀座夏野 青山店(一部商品常設)

黒檀お箸・紫檀携帯用お箸常備
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-2-17 1&2F
 TEL :03-3403-6033   FAX :03-5785-4722
月〜土 10:00-20:00
日、祝 10:00-19:00



箸長 東京ミッドタウン店
黒檀お箸・紫檀携帯用お箸常備
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン・ガレリアD-0315
TEL 03-5413-0392


箸ギャラリー門
黒檀お箸・紫檀携帯用お箸常備

http://www.hashi-gallery-mon.jp/

横浜店 
〒220-0011横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口ポルタ内 
TEL:045-453-6033
名古屋店
〒450-0002 名古屋市中村区名駅4ー7ー1 ミッドランドスクウェアB1F
名古屋駅前ミッドランドスクウェア内 B1F営業時間:10:00〜20:00
TEL&FAX:052?527-8884
京都店
〒604-8035京都市中京区新京極通三条下る桜之町406-3
TEL&FAX:075-252-1284
浦和店
〒330-0055さいたま市浦和区東高砂町11-1浦和パルコB1
TEL&FAX:048-611-8133






困った時のリンク先


かやのき内科医院
(私の慢性肝炎で何十年来の掛かり付け医、表立ってはそれらしき看板はありませんが、
大阪では肝臓病専門の第一人者)

胃腸内科、消化器内科、小児科、内科、内視鏡内科

医学博士
日本肝臓学会専門医 ・ 日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定医 ・ 日本医師会認定産業医

(〒595-0046)大阪府泉大津市上之町6−23
TEL 0725-22-0378





加川鍼灸院
(女房共々お世話になってます)

1992年 広州中医学院(現広州中医薬大学) 鍼灸科(5年制)を卒業、医学学士学位取得、中医師資格取得。
 
7年間の留学を終え帰国。
病院勤務(6年)をへて、ドイツ・チャイニーズメディカルセンターにて研修。

1999年 9月に大阪市北区南森町にて、加川鍼灸院を開院。

お問い合わせ

加川鍼灸院 大阪市北区南森町2ー2ー7

TEL: 06-4709-7166

info@yinyou.com





仕事関係リンク







工房
がんま
▲◆▲▲








 







<紫檀・拭き漆仕上・五重入れ子小箱>




伝統工芸と言えば何か堅苦しい古めかしいイメージを持つ方が多いかと思いますが、一度技術を身につけてしまえばこっちのもの時間さえゆるせばアイデアなんていくらでも沸いてきちゃう。思い立ったら矢も楯もたまらず形にしたくて目の前の仕事をうっちゃっといて作りたくなっちゃう。だから仕事の注文主にはいつも遅くなって謝ってばかり。そんな中から生まれてきた私の子供たちを見てやって下さい。趣味的な物が多いですが技術、技法は昔のままなんですよ。